満室経営2019

平成最後の繁忙期を乗り切る

3つのポイント

新春オンラインセミナー

 

torokuword1

名前
メールアドレス

 

2018年も残りわずかとなりました

 

2018年も残りわずかとなりましたが、

年が明けると早々に賃貸不動産業界

平成最後の繁忙期を迎えます。

 

2018年は不動産賃貸業界では事件が多発

 

 スルガ銀行の不正融資事件

 かぼちゃの馬車の破綻

 レオパレスの界壁問題

 TATERUの改ざんが発覚

 アパマンショップの爆発事故

 

繁忙期の準備は進んでいますでしょうか?

 

昨今、繁忙期は早期に始まり短期で終る傾向

になっています。

 

年末は忘年会やクリスマス、

年始は家族の集まりや新年会と忙しい!

 

しかし、満室経営を続けている大家さんは

そんな時でも着々と空室対策を続けられています。

 

なぜあなたの空室には申込が入らないのか?

 

12月に入ってから弊社の管理物件には、

退去予定も含め2月3月入居予定の申込

を続々と頂いております。

 

 家賃の値下げ

 ADの値上げ

 ステージング

 プチリノベ

 

確かにこれらは空室対策の一手法ではあります。

しかし、本当にあなたの物件にあった空室対策でしょうか?

 

空室にお困りの大家さんの多くは、

原因がわからないまま物件に合わない空室対策

を続けているから!

 

空室対策の手法は日々変化しています!

 

インターネットやスマートフォンの普及で

消費者は大量の情報を簡単に入手することができます。

 

当然様々な新しいサービスが生まれ、

賃貸経営の手法も日々変化しています。

 

2019年の不動産賃貸業界は?

 

新しい年を平成から元号が変わる2019年!

不動産賃貸業界はどのように動いていくのか?

平成最後の繁忙期はどのような対策をすべきか?

 

2019年1月3日 15時~

無料オンラインセミナーを開催します!

 

下記のお悩みを解消します!

 

 空室をお持ちの方

 退去予定がある方

 遠隔地に物件をお持ちの方

 2019年に物件を増やしたい方

 2019年の不動産賃貸業界のトレンドを学びたい方

 これから賃貸経営を始められたい方

 

 

torokuword1

名前
メールアドレス

 

 

 講師プロフィール 

傍島啓介(そばじま けいすけ)

大家さんの為の不動産管理会社 株式会社 満室ラボ 代表取締役

 

元々ハウスクリーニングの営業にと始めた賃貸住宅の退去立会いは、

わかりやすく揉めないと定評がある。

原状回復工事だけでは物件力はつけられないと空室対策リノベーションを手がけるが、

それでも不十分と考え、空室対策ナビゲーターとして客づけ支援などの

コンサルティングも手がけている。

 

賃貸住宅フェア2014in名古屋での講演は「わかりいやすく、すぐに実践できる空室対策」と

好評で人気セミナーランキングBEST2位を獲得した。

 

【著書】 『6000件の退去立会いからわかった!空室対策はお金よりアイデアです』セルバ出版      Amazonランキング1位獲得!(不動産部門、アパート・ビル経営部門)

 

 

特定商取引法の表記 | プライバシーポリシー 

Copyright (C) 2018 SSK Corp. All Rights Reserved.